No186:太田34歳になったよスペシャル ~振り返り&抱負~

【お便り抜粋】⇒「おおたさん34歳のお誕生日おめでとうございます。良い一年になりますように。思い出したときに2022夏のフリートーク回がききたいです。見た映画の話やダイエットの話、頭が大きくて帽子が似合わない話、セミがこわい話などどれもおもしろかったです。」

■Twitterアカウントフォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No185:人生で一番恥ずかしいカミングアウトを体験した55歳リスナー様へ

【お便り抜粋】⇒「自分は職場でもゲイであることをオープンにしてるようなタイプなんですが、まだカムアウトできてない地元の友達が二人いました。その二人とは、毎年地元に帰った時に一緒に食事をするような仲なんですが、「今年こそは…」と思いつつ、相手が本当に大切な二人なだけに勇気が出せず、毎年の食事会が終わるのを繰り返していました。で、今年もGWに地元に帰った時に、その友人のうちの一人の家で飲もうよという話になり、「今年こそカムアウトしよう!」と気合いを入れつつ、友人の家へ伺いました。そうしたら、ちょうど友人の娘さん家族も里帰りしており、それはそれは楽しい食事会になりました。小さい頃に自分に凄く懐いてくれていた友人の娘さんは本当に久しぶりにお会いしたんですが、とても素敵な女性になっていて、何度も「本当に綺麗になったね〜」と言ってお話したり、全員で写真を撮る時に「昔みたいに抱っこしてあげよっか?」なんて冗談も言いつつ過ごして、とても楽しいひとときを過ごしました。が、結局カミングアウトはできずしまい…。」

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No184:いくぜ!!「誰とでも親密な関係になる36の質問」part2

  1. この世界の誰でもディナーに呼べるとしたら、誰を招待しますか?
  2. 有名になりたいですか? どんな方法で?
  3. 電話をかける前に、何を話すかリハーサルすることがありますか? なぜ?

などなど、36の質問に答えあうだけの回です。

元ネタのゲイバクさん放送回はこちら★

元ネタの元ネタのロンダンさん放送回はこちら★

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No183:後先考えずにデッケェ1歩を踏み出しちまった23歳リスナー様へ

【お便り抜粋】⇒「大学を卒業しすぐに、単身、就職で地元から離れた土地にきました。在学中にコロナによって、長い間準備してやりたかったことができなくなり、夢や計画が崩れてしまいました。(そういう方たくさんいますよね、、)それで、悩み悩んだ結果、とりあえず今の環境から外に出たいっ!とか、一回実家を出て自立したい!という大きなエネルギーがあり余って、後先をあまり考えずに、単身で知らない土地のここに出てきてしまった次第です。こちらにきてから半年は、初めての就職と初めての土地と初めての一人暮らしで、毎日生きることが必死で、帰りたいとかはあまり思いませんでした。
でもそれが少しずつ慣れてきて、天候も暖かくなってきて、会社のつながりは少しあるけれど、土日は基本一人だし、家族も友達も近くにいないことがすごく寂しくなってきました。」

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No182:「死にたい」と思わない人が存在する事に びっくらこいた33歳リスナー様へ

【お便り抜粋】⇒「お二人はここ最近、新たな発見みたいなものはありましたか?私はちょっとしたことですが、新しく発見できたものがありました。最近、母と雑談をしていた時に、死にたいと思った事があるかという話題になり、母が「私は人生で死にたいと思った事はない」と私に対して発言してきて、「は?!そんなメンタル強めな発言できる?!てか、散々な目にあっておいてホントメンタル強すぎな?」と、とても感心したと同時に、「この世に死にたいと思った事が無い人もいるんだ?!」
と気付きました。」

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No181:やってみたぜ!!!「誰とでも親密な関係になる36の質問」part1

  1. この世界の誰でもディナーに呼べるとしたら、誰を招待しますか?
  2. 有名になりたいですか? どんな方法で?
  3. 電話をかける前に、何を話すかリハーサルすることがありますか? なぜ?

などなど、36の質問に答えあうだけの回です。

元ネタのゲイバクさん放送回はこちら★

元ネタの元ネタのロンダンさん放送回はこちら★

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No180:環境変化によるギャップと東京での友達作りに悩む33歳リスナー様へ

【お便り抜粋】⇒「環境変化に伴う理想と現実のギャップからのモチベーションの保ち方や、友達ってどうつくるんだっけ?という相談です。数年越しに東京に再進出することができました。今はリモートで沖縄の会社の仕事をしながら、夜は専門学校に通っております。夢に描いていた二度目の東京生活、やりたい事への一歩を踏み出し、順調に見えるのですが、どこか気持ちが晴れない日々が続いております。20代前半を過ごした東京。ゲイとして自認ができ、そのおかげでたくさんの仲間も増え、”自分”というものを構築していく時期に東京にいれたことは、人世においてとても重要なものとなりました。そして地元に帰った後、七年越しに東京に戻ってきました。七年もの間、自分も含め周りのみんなも年齢を重ね、環境や生活スタイルも変化をしていています。自分が置かれている境遇や、所属する社会も変化し、良くも悪くも、物事の捉え方も当時とは違う。当たり前ですが、以前の東京生活の様な楽しみ方はできません。今までの『東京=楽しい』だけではないこと、東京という場所を、凄く美化していた自分に改めて気が付かされました。とはいえ大好きですが。。。」

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No179:婚約者がいるセフレと恋愛関係に至り、付き合い始めた23歳リスナー様へ

【お便り抜粋】⇒「僕は現在、女性と婚約中の男性(子なし)との関係性で悩んでいます。半年ぐらい前に、「ヤリモクでいいから誰かと会いたいな〜」と思っていた時期にお会いした方です。当時は特に恋人が欲しい!とかもなかったですし、仕事を頑張りたい時期だったので、軽い気持ちで会いました。相手は最初、婚約者がいることは隠していました。その際には、「恋人は作りたくない」「友達も別でいるから求めてない」と告げられ、ライン交換した数日後にも、「セックスもしよう」といった内容を告げられており、「この人はセフレみたいなカジュアルな関係望んでそうだな!」と思いました。ところが、毎日「おはよう」みたいな挨拶を送ってきたり、いきなり「(今○○食べてる/飲んでる、どこどこにいる)」といった俺通信 的なことを送ってきたり…セフレと頻繁に連絡を取るという習慣がなかった僕は「えっ、この人はヤリモクじゃないの…?」と逆に困惑。そして、次第に「こんな人と付き合いたいな」と思ってる自分がいました。そこから数ヶ月たったある日、突然婚約している相手がいることを告げられました。」

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No178:一緒にいても楽しくねえダチと疎遠になりてえ20歳リスナー様へ

【お便り抜粋】⇒ 「大学生になって新しく友達ができ、関係性に困っています。何度かご飯に誘われて遊びに行ったのですが、今まで人に対して初めて「もういいかな、、」と思ってしまいました。遊びに行ってたわいない話で盛り上がるのかと思いきや、その人の恋愛相談を延々と話され……。その恋愛相手と私が友達などであればアドバイスも出来ますが、全く知らない人です。また、恋愛話でも明るい話であればいくらでも聞くのですが、「僕嫌われたかな~?」「僕なんて好かれなくて当然だよね」という暗~い話ばかりで、こちらは知らん恋愛に対し建前だけ励ます、という事を繰り返しています。それしか話さないので、最近まで出身地や下の名前さえも知りませんでした(笑)本当はそれ以外の自分のことをもっと話してほしいし、自分のたわいない話も聞いてほしいです。できれば穏便な形で疎遠になりたいのですが……」

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/

No177:苦手すぎる!義理の両親との距離感に悩む30歳リスナー様へ

【お便り抜粋】⇒ 「私は両親を中心とする家族にとても愛されて育ってきました。今はコロナ禍であまり出来ないですが、一緒に旅行に行ったり出来るだけ連絡したりと、親孝行かはわかりませんが、沢山接点を持ちたいと思い行動しています。夫はいつも私の行動に付き合ってくれており、夫にも感謝しております。夫が私の両親とも仲良くしてくれているのだから、私は同じように義理の両親とも付き合わないとと思っています。ですが、どうも義理の両親中心に家族全体苦手なのです。夫の家庭は一言で言えばクールで見栄っ張りな家といった感じです。そしてそれは、私が育ってきた環境とおおよそ真逆と感じます。そう思った理由は話せば長くなるので端折りますが…。例えば、私が祖母にコロナ禍でなかなか会えない時に贈り物と手紙を送ったタイミングで、向こうの義理祖父母に同じように贈り物をしたら「突然物を贈られると驚く、困る」と言われたり、私が身につけていた物をブランドの物でないからと馬鹿にしてきたり、災害に遭ってしまったひとに向かって「もっと苦労すればいいのに」と言ったり、障害のある人を馬鹿にしたり…。兎に角私は苦手です。」

■Twitterアカウント出来ました!フォローしてね

■お便り投稿はこちらから!
■やる気あり美WEB:https://yaruki-arimi.com/